大上住宅不動産で家を建てる方は、私たちの家族です

大切な家族が住むからこそ、正しいところに正しくコストをかけた、本当にいい家を造りたい。

長く、健康に、快適に暮らしていける高性能な住宅づくりのため、私たちは徹底的にお客様と向き合っていきます。

耐 震

命を守ること、それは私たちの使命。

日本は世界有数の地震大国です。

南海トラフを震源とする大地震が高い確率で発生すると言われている中、
地震に強い家を造り、人命を守ることは企業として当然の社会的使命だと考えています。

土壌改良×徹底した構造計算で「耐震等級3」をクリア

大上住宅不動産では、地下のかたい地盤に柱を立てる「柱状改良」や、砕石を使い地盤にしなやかな強さを与える「HySPEED工法」など、常に最高の技術を取り入れ、土地にとって最良の地盤改良を施しています。

また、一般の木造住宅には義務化されていない構造計算を大上住宅不動産では必須としています。

「数百年に一度想定される地震より1.5倍大きな力がかかっても倒壊しない」レベルの耐震等級3をクリアする設計を行っています。

耐 久

あとから変えられないから、最上級の躯体に。

阪神大震災で倒壊した家屋の中には、基礎部分を白アリに食い荒らされていた家もあったそうです。

家は目に見えている部分以上に、見えていない場所で結露や腐朽など、不具合が生じるもの。

しかし、一度壁、床、屋根でフタをしてしまう

家の強度に関わることだからこそ、はじめに良い素材で手間を惜しまず仕上げることが必要なのです。

30年先も新築時の耐久性を維持する「緑の柱」を採用

大上住宅不動産が使う構造材は、圧力をかけて国産木材の中面まで、安全性の高い薬剤を浸透させた「緑の柱」です。

国内の住宅で多用されている輸入木材を使った合成材は、防腐剤を塗っても湿気に弱く白アリ被害にも遭いやすい面があります。

比較的白アリや腐朽に強いと言われるヒノキでさえ、完全には防げません。

それらの問題を乗り越えても、ボルトの周囲や地面と接する部分から腐食がはじまり、通常は徐々に新築時の耐久性は失われます。

緑の柱」は屋外での耐久実験を開始した約30年前から、新築時の強度を保つことに成功。

木造住宅は鉄筋よりも熱伝導率が低く断熱性にも優れているので、メンテナンスフリーの快適な住宅が完成します。

断 熱

省エネで快適、魔法瓶のような家。

エアコン2台で、一年中快適な家が作れると言ったら信じてもらえますか?

夏は最上階のエアコン、冬は1階のエアコンをつけるだけで、家全体を心地よい温度に保てる。

光熱費も抑えられるとランニングコストがぐっと下がり断熱に初期投資した分も20年後には損益分岐点を迎え結果的に

・費用負担が軽くなる。

・室内での気温差による体への負担も少なくなり医療費も抑えられる。

それが屋外の空気を遮り室内の空気は逃がさない、魔法瓶のような「高気密高断熱」の家です。

大上住宅不動産では、中でも「窓」に重点を置き、高断熱・高気密の家づくりに取り組んでいます。


■ 窓

樹脂窓に変えると、暮らしが変わる

家の良しあしは窓で決まる。そう言っても過言ではありません。

アルミサッシは夏の熱気も冬の冷気もダイレクトに屋内に伝えてしまうため、寒暖の変化が激しい窓辺がデッドスペース化することも。冷暖房の効率が悪く、結露もしやすくなります。

大上住宅不動産が推奨するエッジもスペーサーも全て樹脂を用いた窓は、気密性・断熱性が高いため「夏は涼しく冬は温かい」理想的な生活空間を実現します。

関西の基準を上回る断熱性を持つ窓。

しかし、住む人の快適な暮らしと健康を守れるのなら取り入れるべきだと考え、樹脂サッシの窓を採用しています。

太陽に素直な窓設計が省エネ住宅の鍵

大上住宅不動産では、窓を「日射取得」と「日射遮断」の二つに分けて考えています。

「日射取得」は冬至の日、つまり一番太陽の位置が低い日の日射角度に合わせて設置する南窓のこと。

一年中明るく照明いらずな上、冬はあたたかな太陽の恵みをたっぷり受け、過剰な暖房は必要ありません。

日射遮断」は、庇やすだれでできるだけ直射日光や外気を外から遮り、夏の熱気を家に伝えないことで冷房負荷を下げます。

冬はカーテンで内側の熱が逃げないよう遮断。

また東西南北の中でも南に窓を多くとることで熱損失を抑える設計を基本とし、年間光熱費が安くすむ家づくりを行っています。


■ 換 気

ナイチンゲールも唱えた換気の重要性

「患者が呼吸する空気を、患者の体を冷やすことなく、屋外と同じ清潔さに保つこと」 かのナイチンゲールが「よい看護の第一基準」として説いた、換気の重要性を表す言葉です。

人が健康的に暮らしていくために、換気はそれほど大切なファクターなのです。

シックハウス症候群の問題を受け、現在日本の住宅は24時間換気システムの設置が義務化されています。

大上住宅不動産は室内の空気を吸引して外に排出し、その内圧の変化を利用して新鮮な外気を取り込むシンプルかつ高機能な換気システム「ルフロ300」を採用しています。

風の道を作る窓の位置

大上住宅不動産が作る家の窓は、基本的に対角線上に置かれる「ウインドウキャッチ」設計です。

二つの窓を開けた時、自然と風が吹き抜け、新鮮な空気に入れ替わるにはそれが最適だから。位置だけでなく、窓の開きを左右逆につける方法もあります。

こうして風の通り道を作り、室内でできた水蒸気を外に逃がし結露やカビを防ぎます。


■気密

風の一方通行が気密の秘訣

健康な生活を送るために必要な換気には、気密性の高い住まいが不可欠です。

勘違いされがちですが、「隙間のある家」が「風通しのよい家」ではないのです。

気密の重要性を説明するときに、「穴の開いたストロー」によく例えられます。

想像してください。途中いくつも穴の開いたストローでジュースを飲んだら何が起きるかでしょうか?ほとんど飲み込めず、途中の穴から漏れ出てしまいますよね。

家と風にも同じことが言え、計画的に家の内外の空気を入れ替えるには風の「入口」と「出口」以外をきちんと塞ぎ、空気の流れを一方通行に導くことなのです。

隙間の許容範囲はハガキ1枚以下

「相当隙間面積=C値」というものがあります。住宅の機密性能を表す値で、値が小さいほど高気密な住宅です。

計画的な換気のためには1.0㎠/㎡以下、家全体ではがき一枚分以下の気密性が必要と言われており、大上住宅不動産では建築時に必ずこの値を計測しています。

換気はもちろん、屋内の冷暖房を外に逃がさないので少ないエネルギーで家全体の温度をコントロールできることも大きなメリット。

基礎や構造材の段階できちんと隙間をふさぎ、空気が出入りしない窓を採用することが大切です。

家と風にも同じことが言え、計画的に家の内外の空気を入れ替えるには風の「入口」と「出口」以外をきちんと塞ぎ、空気の流れを一方通行に導くことなのです。

私たちの家作りのこだわりが詰まった
モデルハウスへぜひご来場ください

たくましく、居心地のいい家

耐震、耐久、断熱全てを兼ね備えたモデルハウスが完成しました。

冬場でも半袖で過ごせる、建売の限界を越えた自信の一邸です。

実際に過ごしてみないとわからない、「たくましく、居心地のいい家」をぜひご体感ください。

大上住宅不動産のモデルハウスの詳しい情報はこちら

株式会社大上住宅不動産

〒610-0121 京都府城陽市寺田庭井1番地112

城陽市を中心にサービスを展開しております。
宇治市・京田辺市・向日市・長岡京市・大山崎町…他 上記エリア以外でも対応できる場合がございます。まずはご相談ください

TEL:0774-56-0001

● 宅地建物取引業  京都府知事(8)第8162号
● 建設業許可 京都府知事(般-29)第30846号

当社は今期ZEH普及目標棟数を40%と定め、実績としては83%でした。

PAGE TOP